精力剤を使用する年代について

精力剤を使用する年代について

一昔前までは精力剤を使う年齢層は40代から60代くらいと言われていました、しかし近年では服用する年齢がグッと下がり20代から精力剤を使用する人も多くなっています。原因として生活習慣病になる年代が低くなったこと、感受性の高い若い年齢層が精神的ストレスを抱える事が多くなっているなどが原因として挙げられます。

:生活習慣病とは

生活習慣病は食生活のバランスの偏り、運動不足、不規則な生活習慣が原因となる病気を総称しますが、有名な生活習慣病としては糖尿病があります。糖尿病の発症原因の多くは偏った栄養バランスと運動不足によって発症しますが、以前の発症しやすい年齢は30代中盤から50代前半くらいでした。

しかし、現在では20代でも糖尿病を患う人が増えており、糖尿病によって勃起不全となり治療を受けるケースも少なくありません。また、若い年齢の人だと自分が糖尿病であることを自覚していないケースも多々あり病院での処置が遅れるケースも出てきています。

:精神的ストレスが原因

全ての年代で適用されるのが精神的ストレスによる勃起不全(インポ、EDと呼ばれる)の症状です、原因については個人ごとに違いはありますが仕事や対人関係によるストレスからの発症がおおいパターンとなっています。治療法も薬を使った処置や専門のカウンセラーによるカウンセリングでストレスの原因と向き合うなど様々な処置があります。

若い年齢の場合ではパートナーとのセックスに緊張し上手く出来なかった経験によるトラウマがEDとして発症するケースも多く自慰ではしっかりと立つのにパートナーとセックスする時には立たない人もいます。