強精剤について

強精剤とは

精力剤と強精剤の違いについて、精力剤よりも強精剤の方が効果が高く価格も高いイメージが有ります。精力剤は疲労回復や眠気防止など一時的な体力の衰えや疲労をカバーする役割を持っているのに対して強精剤は根本的な治療として服用する事を目的としています。

強精剤を使う場合は長期的な体質改善を目的とします、具体的には虚弱体質や年齢と共に衰えてくる心肺器官などの補助効果です。特に強精剤を服用する男性の年齢は40代から60代が最も多く、この事からも加齢による体力の衰えに強精剤には効果が有ることが分かります。

強精剤のもうひとつの効果に勃起不全の解消を促す効果もあります、この場合は原因がペニスへの血液の流れが弱くなっている、亜鉛などペニスの勃起に必要な成分が足りないなど原因が特定できるケースに限られます。精神的ストレスから発症するEDには強精剤は不向きと言われています。

血流の流れが滞る場合、強精剤で血流の淀みを綺麗にする、心臓からの血液の排出を多くするなど役割があります。ただし強精剤を服用する上で気をつけたいのは1日に複数回の摂取は禁止されていること。体力の落ちている体に刺激が強かった場合、速やかに病院で診察を受ける必要があります。