厳選、精力のつく食材

厳選、精力のつく食材

安く簡単に入手できる精力のつく食材を選んでみました。匂いに癖のある食材が並びましたが昔から滋養強壮に良いと言われる食材でもあります。

:にんにく

にんにくは古来より精のつく食材として親しまれており様々な調理や薬に使用されています。にんにくに含まれる成分はスコルジニンとアリシンがあり、アリシンはアミノ酸の一種、アイリンという物質です。このアイリンがにんにくの独特な匂いを醸しだしています。胃腸の働きや食欲不振の解消に役立つ働きをします、スコルジニンは更年期障害などに代表される倦怠感の解消に効果がありビタミンB1の働きを促進する働きがあります。

:うなぎ

土用の丑の日はウナギを食べるのは有名ですが、ウナギや鱧など精のつく食物として古くから日本人の食卓に馴染みのある食べ物です。ウナギに含まれるビタミンA,B1、B2、D、Eそしてカルシウムなど多く含まれているのが特徴です。ビタミンAには粘膜や視覚を正常に戻す効果があると言われ、ビタミンB1には疲労回復の効果があります。またウナギには良質なコラーゲンも含まれているので肌の美容にも効果が期待できます。

:ニラ

ニラは元々は薬草として江戸時代から用いられてきた食材ですが、普及した理由のひとつにひとつの株から何回も収穫できる収穫姓の高い食物であった事が挙げられます。ニラにはカルシウム、ビタミンB1、B2など含まれビタミンCは大量に含まれるのが特徴です。更にビタミンAも含みますが100gで成人男性が1日に必要とする8割ほど摂取することが出来る食材です。

:牡蠣

なかなか口にする機会は少ない牡蠣ですが、眼精疲労、動脈硬化、高血圧予防、貧血予防、大量に含まれるコラーゲンには美容効果もあります。また鉄や銅、亜鉛なども牡蠣の身には含まれていて精力をつける食材として重宝されています。ただし牡蠣を食べ過ぎると痛風になりやすいと言われているので常用する食材ではありません、更に食べるときにワイン等を飲むと口の中が生臭くなりやすい食材だそうです。
参考サイト:精力がつく食べ物