精力剤とは

精力剤とは

当サイトは精力剤についての知識や必要となる年齢層、精力剤の服用回数などの情報を紹介しているサイトです。精力剤の使用に抵抗がある男性も多いかもしれませんが正しい知識と豊富な種類の中から自分にあった精力剤を選ぶことで悩みの一つが解消される点が精力剤を使用する最大のメリットです。

精力剤は大きく分けて二つに分類されます。錠剤として販売される精力剤、これらの多くは医薬品となり病院で処方されます。もうひとつが手軽に入手しやすい医薬外品としての精力剤です。

医薬外品はドリンクとして販売されることが多く、コンビニや薬局、スーパーでも入手する事ができるのがメリットです。デメリットとしては即効性と持続性が医薬品と比べ低く一時凌ぎにしかならないことでしょう。

根本的な解決は専門医のいる病院で長期的な治療を行うことですが、仕事による疲労や睡眠不足による一時的な体力低下の場合は休養と精力剤ドリンクを飲むことで回復することも可能です。

当サイトでは症状に合わせた解決策、精力剤のメリットやデメリット、精のつく食材など紹介しているので参考になれば幸いです。

精力剤の歴史について

精力剤の歴史

精力剤は非常に歴史の深いものです。古くは古代エジプトで使用されていました。

このときの精力剤は王族が子孫を残すために精力をつけなければならないという理由で使用されていました、また、他の古代文明でも精力剤を使用していた痕跡があり、精力剤の歴史がそれだけ深いことが挙げられます。

にんにくや朝鮮人参、すっぽん等が使われており、それは現代でも使われています。日本においても精力剤の歴史は非常に深く、昔からすっぽんを食べて精力を補っていました。江戸時代以前から存在していましたが、本格的に商用として精力剤が作られ始めたのは江戸時代に入ってからでした。性力増強剤 カタログ黒光り

このときに使用したのが日本の川にすんでいたすっぽんであり、そのすっぽんを精製して粉状にして販売していたということです。また、すっぽん以外にもマムシは昔から精力剤として使用されてきました。

マムシは毒を持っているため、毒抜きなどの加工にひと手間がかかったということですが、その威力は抜群で非常に重宝されていたということです。

日本もエジプトも他の文明も子孫を繁栄させるために精力剤を使用してきました。そのため、現代のように快楽を求めるというのとはまた少し変わった意味合いを持っていたということになります。

サイト内記事一覧

精力剤を必要とする年齢層
精力剤を必要とする年代とその原因について解説。

精力剤使用のメリット
男性の自身を取り戻すための精力剤の役割と効果について

精力剤使用のメリット2
精力を増強するために精力剤を服用することのメリットについて

精力剤の服用回数
服用回数が制限される精力剤と制限のない精力剤について

効果の高い精力剤
精力剤として効果のたかい「すっぽん」の効能と効果について

精力のつく食事
昔から伝わる精のつく食材、ウナギ、にんにく、ニラなどの効能について解説

強精剤ついて
強精剤と精力剤の違いと効果の違いについて解説

漢方薬のメリット
体に優しく長期的に服用することで回復が見込める漢方薬の精力剤について

精力剤ドリンク マカ
コンビニやスーパー手軽に購入できる人気の精力剤「マカ」について解説

精力剤を使用した50代のコラム

私は今まで精力剤を使ったことが1度もありません。
30代ぐらいまでは自分でももてあますような精力がありましたし、 40代になるとさすがに精力は衰え始めましたが、当時はとにかく仕事一筋。2人の子どもを育てなければなりませんし、 気力体力、かなり充実していました。浮気もそれなりにしましたし、精力の衰えを感じたことはありませんでした。妻との夜の関係も、 わりとあったほうだと思います。そして、今、50代。これは私に限ってのことだと思いますが、 50代になったとたんに、いきなり「ダメ」になってしまったのです。といっても、完全に「ダメ」というわけではありません。 「よし、今日はやろう」と決意し、モチベーションを高めれば元気にはなります。けれど、「自然に」という感じではまったくないのです。 あくまで自分を鼓舞し、自らモチベーションを高めた結果、元気になるというのが現状です。ですから、私には今こそ精力剤が必要なのだと実感しています。 けれど、なにしろ今まで1度も購入したことがありませんから、実際に買うハードルは決して低くはありません。 私が買ったのはマカでした。 買いに行くのはけっこう恥ずかしいし、妻の目がある限り、通販も難しいでしょう。「もし手に入ったら」と想定すると、 これは中高年の男性にはわかってもらえる心理だと思うのですが、まずは自慰をしたいと思います。 女性にはドン引きされるのでしょうか。そして、そのあとは、やっぱり浮気ですね。以上、中年男の自分勝手な妄想でした。

精力剤の効果を期待するならカルシウムもたくさん摂ろう!

中高生の時は、背を伸ばしたくてたくさん飲んだ牛乳。最近はどうですか?あまり飲んでいないという方は 精力剤の効果を感じやすくするためにも、カルシウムは積極的に摂りましょう!

精力低下の原因のひとつに、血行不良があります。 年齢を重ねてくると、男性はカルシウム不足による血行不良を起こしやすくなるのです。 食事からのカルシウムが不足すると、骨を溶かしてカルシウムを補おうとします。その時に、骨から作ったカルシウムを血液に乗せて運びます。 カルシウムの不足は危機的状況と判断するため、必要以上に作ってしまうことがあります。

そして一気に流れ出ていくため加齢とともに血管が細くなっている部分などは、通りにくく、運ぶ予定のカルシウムが詰まりやすくなってしまいます。 これを血管の石灰化と言います。この石灰化があちこちでできてしまうと、血行が悪くなり、必要なところへスムーズに血液を流すことができなくなります。

精力低下の原因のひとつといわれている血行不良を防ぐためにも、カルシウムを多く含む 小エビや牛乳、小魚なども積極的に摂るようにしましょう。